介護・福祉・医療・子育てといったソーシャルケアの分野において、
複数の領域の専門性をもつ現場経験者「π型(パイ型)モニター」のネットワーク
デザインで鍛えた「調査」「観察」「デザイン思考」「見える化」等のチカラで、
現場の課題解決につながるモノやサービス、しくみを提案していきます。
π型モニターは、福祉事業を展開する専門家により構成されています

この活動はトリニティ株式会社が運営しています。

福祉領域を理解する、
有識者ネットワーク「π型モニター」

ソーシャルワーカーを中心として、福祉事業を展開する専門家達をネットワークしています。
π型(パイ型)モニターは単一分野の専門家ではなく、複数の専門性を知る現場プレイヤーであるプラクティター(実践家)で構成されている為 業界や現場の状況・モノやサービスに対しての的確かつ包括的な経験をフィードバックすることができます。

BLOG

2016.11.15

小さきものの立場に立って

昨今、国内の景気低迷とそれによる市場環境の変化や、超高齢化社会の到来を見据え、デザインの分野でも医療・福祉・介護・子育てといった領域への関心が高まり続けている。それまでのデザイン組織が触れてこなかった分野を知るにあたり、現場の生の声を知ることの重要さが身に染みて感じられるようになってきた。 デザインコンサルティングのトリニティが、「ソーシャルケア・デザイン」を立ち上げたのは、そうした背景を受けてのものだ。 現在、医療・福祉・介護・子育ての現場には若く有能な、次世代のリーダーが次々と誕生している。 彼らは最新のIT機器を使いこなし、ソーシャルメディアによる交流と情報の発散に余年がない。 従来の福祉の現場のイメージを180度覆し、払拭してくれる、彼らを私達は”複数の専門領域を有する人材”であるとして、「π型(パイ型)モニター」と呼んでいる。 彼らは持ち前の若い感性でコミュニケーション能力にも長け、デザイン領域の人たちとの親和性も高い。 こうして発足した「ソーシャルケア・デザイン」で、既に幾つものデザインプロジェクトが行われた。 クライアントと私達、π型モニターとの混成チームを構築し、新しい福祉機器のアイデアを出し合ったり、ときには施設や、在宅介護の方のお宅に直接お邪魔して現場を一緒に見ることもある。 そこで私達が見落としていそうな視点を、π型モニターはそっと指摘してくれる。 例えば、ある介護者のお宅に訪問したときのこと。 私たちのインタビューに対して、日常の家族のサポートに感謝する旨をおっしゃられているのを、好感をもって聞き入っていたときに 「毎日、世話を焼いてくれるお嫁さんの前では、良い事しか言いませんよ」とπ型モニターの一人が耳打ちしてくれたことが印象に残った。私たちは知らず知らずのうちに、テレビCMに見られるような、ニコニコしたおじいちゃん、おばあちゃんという「理想の高齢者像」に当てはめて実在の高齢者を見てしまっていたのかもしれない。 通常、こういったプロジェクトに先立っては、π型モニターには彼らのプロフィールと、福祉の現場あるいは子育ての現場で体験したことの「リアル」を報告してもらうケースが多いのだが、これが大変興味深い。 ときには耳を覆いたくなるようなシビアな現実、を突きつけられることもある。 たとえばたいていの介護士が一度は経験するという、屎尿にまみれた認知症のお宅を訪問するときは、靴下をその都度使い捨てにする~などと言った話は、先程のテレビCMのような「作られた」イメージとは全く似つかないし、おそらくは現場経験者の口からでなければ封印されて世に出て来ることのないエピソードだろう。 だが、それでこその「リアル」。 現場に寄り添うことがソーシャルケア・デザインに於いては重要だと、常々感じている。 去る7月、ソーシャルケア・デザインに参画してくれている「こどもみらい探求社」による、”こども視点アイデアソン”が開催された。 このアイデアソンでも、前半は同社代表の小竹めぐみ氏・小笠原舞氏の両名による子育て現場の気づきのインプットだった。トークだけでもアイデアソン参加者のマインドが、子育ての現場に寄り添うものになる。 このインプット・ワークの一貫として、参加者に紙製の”メガネ”が配布された。 これは、自動車メーカーのホンダのWebサイトで無償配布されている「Child Vision」というものだ。 このメガネをかけると著しく視野が奪われるのだが、この視野こそがこども視点。 ちいさいうちは視野もまだせまく、それゆえに予期せぬ危険に遭遇することもあることを私達に気づかせてくれる、ちょっとしたツールだ。 そんな体験をするだけでも、時に十分な気づきを与えてくれるものだ。 果たして私達は大人になり、広い視野を持ったはずだが、本当にそう言えるのか。 むしろ見せかけの広い視野とは裏腹に、想像力を失っていはいないか。 自分よりもちいさな誰かの立場に寄り添う、共感力が必要だ。 昨今、デザインシンキングに求められていることもまた然り。 想像力の欠如が、バリアのある世界を作り出してはいまいか。 ちいさきものの立場に寄り添って、それを知ること。 誰もが安心して暮らせる世界をつくりあげること。 そんな理想をデザインで実現したいと思い、ソーシャルケア・デザイン活動を推進している。

MESSAGE

“ケア(care)”の現場、“デザイン(design)”の現場に携わりながら地域や社会の抱える課題解決に取り組んできた私たちは、実践を通してある共通の価値観に辿りつきました。

それは、ヒューマンケア領域の専門的視点や手法、技術に加え、昨今注目される「デザイン思考」や「サービスデザイン」といった手法を融合させることで、社会や企業が抱える様々な課題を炙り出し、多様な主体の共創を通じて、その解決の道筋を提示できるのではないか、というものです。

多くの企業が顧客の幸せを願い、想像しながら日々、人々が本当に望む商品やサービスを生み出すために奮闘しています。
また、次々に顕在化する社会課題の解決も大きな関心事となっています。
それらの基層には、「これからの社会では、人間を物語の中心に置き、まだ誰も気づいていない課題や欲求を探索し、新たなソリューションを提案していく必要がある」という価値観があるように思います。

CASE STUDY

福祉・ソーシャルケア分野に求められる新たな商品&サービスを発想する!パイオニア(株)の福祉ワークショップ事例

クライアント企業は、エレクトロニクス分野の老舗企業。 創業以来培ってきた、さまざまな技術を医療・福祉分野の商品やサービスに応用することを目標に、複数の医療機関と連携して医師やスタッフへのヒアリングを実施してきました。 しかしこうした努力で外部の知見は理解できても、具体的な商品アイデアにつなげるのは容易ではありません。 そこでソーシャルケア・デザインを運営するトリニティ(株)では、課題解決のためのワークショップを提案。ソーシャルケア・デザインの中核とも言える福祉と異分野、複数の専門性を持つソーシャル人材のネットワーク「π型モニター」から、今回のプロジェクトに相応しいメンバーを起用し、クライアントとトリニティからなるプロジェクトチームに合流。 新たなビジネスモデルを立ち上げることを目標に、“アイデアソン”を実施しました。 福祉分野への参入という課題を抱えるクライアント企業と、デザインシンキングのノウハウによるワークショップ・デザインを得意とするトリニティ(株)。そこに現場を知るπ型モニターならではの視点が加わることで、既存の調査などからは得られない、医療・福祉の現場のリアルをワークショップ参加メンバーが共有。 机上の議論から離れ、より現場に肉薄した課題の抽出と解決ためのアイデア抽出が短期間に実現。リアリティのある製品・サービスのアイデアが導き出されました。

デザイン開発リサーチ・デザインシンキング トリニティ デザイン奮闘記

WHAT's Social Care CAFFE

私たちは、ソーシャルケア・カフェの運営をおこなっています。

ソーシャルケア・カフェとは、福祉現場の次世代を担うメンバーと、デザイナーなどが集う交流の場です。
異なる専門性を持つ人同士が自由に語り合うこと、視点の違いから、新たな気づきを持ち帰ることができます。

実施時期はFacebookページにて毎回ご案内します!

CONTACT US

私たちの活動にご興味ある方は、
是非コンタクトください。

π型モニターの登録にご興味あるかたへ
担当 須藤順 s.jun@trinitydesign.jp

企業のご担当者、メディア関係者の方へ
担当 湯浅保有美 hoyumi@trinitydesign.jp