Social Care Design

「私たちは常に“ひと”を観て、そして明日をカタチにします」

BLOG

2018.01.10

福祉×IT @仙台 ハッカソン 開催!


IMG_3371

本日は仙台市で、地方創生と人材開発をテーマに活動するエイチタス(株)の主催による介護福祉×ITハッカソンを、
弊社のソーシャルケアデザインチームでお手伝いした。

市内の福祉介護従事者が複数集まり、仙台フィンランド健康福祉センターに缶詰になってのワークだ。

日本の介護の課題解決は、世界の市場を制す!

IMG_3321

まず、介護に於けるIT推進の理由は、業務効率だけでなく、リハビリなどの専門技術を強化したそれを均質化する事でのサービスの向上や、利用者の満足度の視覚化が必要なことから、今後一層加速するとの話題提供から。

このゲストのトークは、高知大学で地域共働学部で教鞭をとる須藤氏。
彼は過去に医療福祉現場を経験したソーシャルワーカーでもある。

最近は、大企業もかなり積極的に介護に参入しているが、高知県はじめ日本の人口減少、高齢化による課題は、今後は世界で起きるもの。
課題先進国の日本でのソリューションが出せることが出来れば、グローバルでビジネス展開できるからだ。
しかし、まだまだ現場の声が反映されたソリューションには至っていない。

ロボットやAIに置き換われない介護人材

IMG_3351 IMG_3362

一方、それほど注目される介護の現場では、変わらず人材不足や知見のバラツキなどが問題である。
とはいえ、ダニエル・ピンク氏やトム・ケリー氏の著書はじめ、イノベーションの書籍には
これからロボットやAIには代用出来ないヒトならでは~として未来に残るといわれる仕事に
デザイナーだけでなく、介護従事者という記述がある。

そう。介護こそ、これからの創造的人材といえる。なぜなら介護従事者は、非言語コミュニケーションに長けていて表面のニーズ、リクエストだけでなく、課題の本質や背景を傾聴、察することができる能力が高いから。

これからは、一層それが充分に発揮されなくてはならないのだ。

約1時間に及ぶ須藤氏のオープニングトークの後に、いよいよ参加者によるワークショップが行われた。

まずはIT活用の前に、課題自体を考える

IMG_3360

今回は、いかに現場の困り事を洗い出し&深掘りして、課題の本質を見い出せられるか~に集中した。

ブレインライティングシートを活用し、見えている課題を放置したらどうなるか、、を連続して書き出すワークと叶えたい欲求シートの書き出しの連打!
日頃使ってない脳がフル回転。

続いて、叶える前と後の、ビフォー&アフターもイラストにして書いてみる。
この進行では、ワークの途中で簡易なシーンのビジュアル化、イラスト化のエクササイズも組み込まれている。

いつの間にか、参加者は、目の前の本質的な課題とその解決に向けての小手先やテクニックではない明日からやるべきアクションがみえてきたのだ。

そして、時間が来て、、、今回のWSプログラムは終了となった。

次回は、2月の3日、4日の週末。
今日のワークで抽出した課題を、デザイナーやプログラマーにも参加してもらい、本日の課題を視覚化しながら解決して行くプログラムとなる。

次回の成果がますます、楽しみだ。

取材:トリニティ(株)デザインプロデューサー 湯浅

湯浅保有美 Hoyumi Yuasa

トリニティ(株) 代表取締役社長 / デザインプロデューサー