Social Care Design

「私たちは常に“ひと”を観て、そして明日をカタチにします」

BLOG

2015.12.25

介護アイデアソン「介護離職ゼロを実現するとっておきのアイデアを考えよう」2015/11/26


11月26日、ソーシャルケア・デザイン主催、共催として中小機構Tip*S、高知大学地域協働学部コミュニティデザイン研究室の協力のもと、
「介護離職ゼロを実現するとっておきのアイデアを考えよう」というテーマで
“介護アイデアソン”を実施しました。
当日は多数の応募があり、結果的に定員を超える42名もの方々にご参加頂きました。今回のテーマに対する、世間の関心の高さがうかがえます。ご参加者の内訳としては、介護事業関係者のみならず、IT、学生、マーケッターなど多岐の分野にわたっているのが、印象的でした。

まずは、ソーシャルケア・デザイン代表の須藤氏より、ソーシャルケア・デザインの活動についてのご紹介と、本日のアイデアソンの説明が行われました。
異業種、多様な人たちと対話をしながら課題解決をしていくこの”アイデアソン”。
「とにかく自由に、たくさんしゃべり、たくさん聞くこと」が大切になります。

続いて、介護現場の報告・インプットでは、ソーシャルケア・デザインのπ型モニター*・メンバーであり、株式会社Join for Kaigo代表を務める秋本可愛氏と、同じくπ型モニター*・メンバーで、介護分野で社会福祉士として相談業務経験がありフラワーアーティストでもあるManna氏が登壇。トーク形式で、介護離職に関する現状データ、現場視点、ケース事例などが提示されました。

*π型モニターとは、単一分野の専門家ではなく、福祉事業+αの複数の専門性を持つ現場プレイヤー、プラクティター(実践家)により構成される有識者ネットワーク。

秋本可愛氏とManna氏

そしていよいよプログラムは「介護離職を劇的に減らすアイデア」を考える時間へ。
今回ファシリテーションをつとめるのは、ソーシャルケア・デザインのワークパートナーである、株式会社CCL代表の原氏。ファシリテーターが参加者をリードする形でスタートします。

まずは自己紹介・他己紹介から。
はじめましての方々に、少しでもリラックスしてもらい豊かな発想へシフトしていただくためのウォーミングアップです。
緊張が幾分ほぐれたのか、徐々に参加者の顔には笑顔が見られるようになっていきました。

スピードストーミングで緊張も和らぐ

場が温まったところで、今度はブレインストーミングへ。
様々なアイデアブレストの手法を用いて、多角的な視点を掘り起こしていきます。

“とにかくアイデアは捨てずに出す。出して出して、出しまくる!”

原氏のポジティブかつ、大らかな雰囲気のファシリテーションのもと、アイデアソンは終始なごやかに進行し、会場の雰囲気も手伝ってポジティブなアイデアがたくさん出されました。

リラックスした環境がアウトプットを育む

導き出されたアウトプット

「リラックスして集中している状態が、最高のパフォーマンスを発揮できる」
プログラムも終盤に差し掛かる頃、会場はまさにそれを実現していました。

当日の模様を、Manna氏はこう振り返っています。
「参加者の多さ、また沢山の付箋の数を見て、皆様と一緒に希望を持って取り組んでいく夢を描けました。
引き続き、皆様のお力をお借りいただけたらと思います。」

ポジティブなイメージを抱くこと、そして明るい未来へのピースを生み出していくこと。

ソーシャルケア・デザインでは、そうして生まれたいくつものアイデアのピースを繋げ、
より大きなビジョンを描いていける場づくりを今後も継続し、さらに広げていく予定です。